偏頭痛と血圧はどう関係している?

偏頭痛に悩んでいる人は多くいます。頭痛は頭の血管が関係しているのではなく、血圧が問題であることが考えられます。
高血圧になっても自覚症状はほとんどなく、治療を先延ばしにしていたり放置していたりする人も多いですが、症状のひとつに偏頭痛などがあげられます。基本的に血圧が上昇しても脳の血流は正常に維持する働きがありますが、それにも関わらず偏頭痛などの症状が現れた場合、脳内になんらかの異常や動脈硬化などの障害が発生している可能性が考えられるのです。
つまり、高血圧の場合、ただの頭痛だと侮らずに注意しなければ、脳出血などの重大な病気になってしまう可能性があるのです。
重大な病気を予防していくためには、放置しないで定期的に病院で調べることが予防の基本となります。頭痛や吐き気、めまいなどの症状がある場合は原因をきちんと調べることが大切です。仕事が忙しい、悩みがあるなどのストレスがある状態になると血圧が高くなっている状態が続くことがあります。こんなときには毎日自宅でできる測定器を使って日々の血圧の状態や体調に気を配ることが必要です。また、ストレスを改善するためにも週に3〜4回軽くでも良いですので運動を行なったり、趣味を持つことなどがおすすめです。
また、急な血圧の上昇を防ぐことも重要です。入浴時にいきなり熱いお湯につかったり、トイレで強く息んだりすることを避けることをおすすめします。急激な上昇は脳出血の大きなリスクとなります。
血圧に関係する病気は、毎日1合以上のアルコールを摂取している人やタバコを吸う人などがリスクが高くなってしまいます。これらのことを考えて、アルコールやタバコを控え、生活習慣を見直すことで病気のリスクを下げることができます。

ページの先頭へ戻る