血圧の改善方法と卵の食べ方

高血圧になると、心筋梗塞や脳卒中などの病気のリスクも高くなってしまいます。
このような状態を改善するためには、食事と運動による改善方法がおすすめです。
血圧をあげてしまう原因はさまざまなものがありますが、多くの場合食塩の取り過ぎと肥満が原因です。改善していくためには食塩は控えめにしてなるべく薄味で、栄養バランスの整った食事を行なうことが改善方法とも言えます。
気をつけたいのが、干物などの塩蔵品や漬物、佃煮などの食塩を多く含む加工品はなるべく避けるようにします。食塩を減らすためには、天然の出汁をきかせたものやレモン、お酢などを使って酸味を出す、海苔や椎茸など風味のある食品で満足を得るようにすることが良いとされています。栄養バランスを整えるためには、タンパク質を含む主食を量を決めて毎食食べ、魚や脂肪の少ない肉、卵、豆腐などの良質なタンパク質を毎食一品ずつ食べることで血管を丈夫にし、新鮮な野菜や果物などを副菜としてとっていくことが大切です。
血圧を改善する食事をするときに問題となるのが卵の食べ方です。卵は高血圧のときに食べるとコレステロールが増えてしまうと言われていますが、必須アミノ酸やビタミンCを除くあらゆる栄養素が含まれる完全栄養食品です。物価も安く、家計にも助かる食材な上、消化吸収がよく、疲労回復や体力維持にも効果的です。
そんな卵は多く食べるとコレステロールが増えて問題となってしまいますが、一日一個程度なら問題はないとされています。黄身に含まれるレシチンという成分が過剰な脂肪を排出し、血管壁のコレステロールを乳化して取り除く働きがあるため、むしろ一日一個食べることが良いとされています。
このような食事による改善方法と同時に運動を行なうことで、血圧を下げていくことができるようになります。

ページの先頭へ戻る